ブログトップ

たびのはなうた

tabinohana.exblog.jp

たびのことー見たもの食べたものいろんなもののおぼえがき

カテゴリ:未分類( 45 )

今ポカラにいます。
アンナプルナ連峰が見えて、湖のある小さなのんびりした街みたい。
カトマンズにもいたけどポカラは散歩している牛がたくさん居て、すれちがう時少し緊張する。
カトマンズでフリース買ったりして、気分はもう秋だったのにここは日中暑いです。

お山は朝と夕方にきれいにみえる。
日本で見る雪山ともちがって、大きくて近くに見えてちょっと距離感がおかしいんじゃないかな~ってくらいでかい。
『神々の嶺』ってヒマラヤが舞台の小説があるんだけど、今まさにあの世界。
同じ宿にアンナプルナベースキャンプまで行って戻ってきた日に焼けた子や、これからどのルートで登るか考えている人がいる。2,3日の短いのから、本気の人用までいろんなコースがある。
昨日アタシたちも入域料を払い、許可書も取ってきました。
無理のないコースを考えてもらってゆっくり景色見ながら歩いてきたいな~。歩けるのかな~?
a0218371_1413312.jpg

[PR]
by hiro--11 | 2011-10-14 14:07
おとといくらいからダサインってお祭りが始まっててバスのチケットが取れなかった。
多くの人が地元に帰って家族と過ごすらしい。
お祭りがたくさんあるなかでも、一番大きいお祭りみたい。
タメルってバンコクのカオサンみたいなとこに居るんだけど、お店がだんだん閉まり始めた。欧米の人向けの高めのレストランしか開いてない…。
お祭りだからヤギを連れている人や、ニワトリやカモが道端で売られてた。
すごいごちそうなんだろうね~。


そうそう、どの国もお肉屋さんは迫力がすごい。
トンカチの音が聞こえてきたり、生きていた姿がすぐに想像できちゃう。
だいたいそのままドンと机に置かれてる。
冷凍して流通している肉しか知らないからな。
a0218371_13204182.jpg

[PR]
by hiro--11 | 2011-10-05 13:21
タイの空港で感じのいいネパールの人とおしゃべりして、ネパールへの期待がドンドン大きくなる。
ネパールごはんもおいしそうだし☆

いろんなことに少しはなれてきたつもりだったのに…。
空港出たら人に囲まれてビックリ☆
アタシが居るとこだけ満員電車みたいになって、客引きが色んなささやいてくる。
囲まれてこわかったよ~。みんな近すぎるよ。

今までの国とはなんか違う気がする。
南国的などうにかなる雰囲気がない感じかな?なんかちがうんだよ。


うわさに聞いていた下痢がやってきました…。
10日間くらいの長い戦いでした。
カトマンズは日本食レストランが何軒もあって助かった。お味噌汁ってなんておいしんだろう~。
落ち着いてきたので明日あたりポカラに移動するみたい。
a0218371_1453283.jpg

[PR]
by hiro--11 | 2011-10-03 14:55
カンボジア、シェム・リアプへの移動の前日からどうもおかしかったんだ。
とうとう旅行に出て初本格的に体調を崩しました。
暑さが少し和らいだから一気に疲れが出た感じ。
冷たい物いつもあんまり飲まないのに飲んだもんな。ごはんもだいたいなんかしら炒め物だし、辛いし。
おにぎり食べたいよ…。
結局三日くらい外出しないでポカリ飲んで寝てました。

ようやく体調がもっどたので一日だけ遺跡観光にいくことに。
シェム・リアプには遺跡がいろいろ点在しているらしく、同じ宿の学生さんたちは毎日せっせといろんなとこに出かけていた。
アタシたちはとりあえずアンコールワットが見れたらいいや~。遺跡の名前もよく覚えられないし、みんな同じに見えちゃいそうだしね。
雨期なので日の出はあきらめてゆっくりとトゥクトゥに乗って出発です。

a0218371_18145443.jpg


アンコールワットおおきかった。でも、いちばん気に入ったのはタ・プロームって言う僧院跡、あとトゥクトゥのドライバーのナイーさんがパイナップル買ってくれてうれしかった~、おいしかった~。
気候と素材の質の問題なんだろうけど、どこもかなり崩れていてもったいなかった。
修復が進むことを願います。

a0218371_18155790.jpg



シェム・リアプはホントにちっちゃな街なのに空港がある。
それって、アンコールワットが世界遺産で有名だからだよね~。
それと同時に内戦やらなんやらで大変な時代が最近まで続いてたんだって考えてしまう。
だって人口の半分は20歳以下らしい。
シェム・リアプの街並みは新しくて、ローカルな感じのない観光のための街。
郊外でほったて小屋みたいなの(アジア全般にあるけど)を見るとなんだかわからなくなる。
放し飼いのニワトリがいたり、昼間っからおっさんがウロウロしててもおかしくないんだよね。日本じゃ働いてないとおかしな人にすぐされてしまう。

シェム・リアプに滞在中街中の川がところどころ増水して溢れてた。
日本じゃめったにない光景で驚きです。
みんなジャブジャブ通っていたけど、アタシたちは先に行くのを断念。
三日くらいでいちよう水が引いてやっと市場の方に遊びに行けました。

a0218371_18164543.jpg

[PR]
by hiro--11 | 2011-09-18 18:34
現在タイ北部の中心都市、チェンマイにいます。

ここはタイでバンコクに次ぐ2番目に大きい街なんですが首都バンコクに比べるとかなり小規模で可愛らしい感じがします。
市街地なら頑張れば徒歩で移動することが出来ます。
もちろん僕らはそこまで健脚ではないのでレンタルバイクでフラフラしてますが。
別名「バラの都」、と呼ばれているらしいです。
バラがたくさんあるのかどうかはわかりません。

チェンマイと言えば毎日開催の大規模なナイトバザールで有名なんですが、行ってみるとその規模は予想以上に大きく、さらに驚くことに毎日のナイトバザールに加え曜日ごとに市街地の様々な場所でいろいろな市が立ちます。
そしてその規模が本家ナイトバザールを凌ぐほどに大きかったりします。
毎日晩飯を食べがてらバザールを散策するだけでも意外と飽きなかったりします。
物価はバンコクよりも安く、というかタイではバンコクの物価高が特別なんですが、あまり財布の心配をせず過ごすことができます。土産物を例にとると同じ商品でバンコクの7割安といったとこでしょうか。もちろん値段は交渉制ですが。
治安も比較的良好ですし、北部タイ料理も安価でしかも美味しいです。
それとタイには最近話題のリタイヤメント・ビザの様なものがあるそうで、日本で定年退職を迎えられた方々の移住先としても有名で、街を歩いていると年配の日本人の方の姿をよく目にします。

そんなチェンマイなんですが、北部タイ古式マッサージの中心地でもありましてマッサージ店やマッサージスクールもたくさんあります。
実は僕らがチェンマイにやって来た目的はこれで、嫁は毎日せっせと学校に通いマッサージを習得中です。僕は特にすることもなく宿でボヤボヤしてみたり、あてもなく街を彷徨ったり、バイクで山の中に分け入ってみたりしています。
言い忘れましたがチェンマイは山岳地帯の中にある盆地で、付近の山中には所謂少数民族と呼ばれる方々がそれぞれの集落を持って暮らしており、その山中の徒歩でしか行けない集落を訪問する観光ツアーがチェンマイ最大の観光収入になっていると推測されます。

余談ですが、なにか特別の観光資源がある場所では、例えばトレッキングやスキューバ・ダイビングなど、各宿がツアーデスクを構えておりツアーを申し込まないと婉曲に宿泊を断られる(直接的にの場合もある)という事態がまれにありますが、チェンマイもそのような話をよく耳にします。まああくまで安宿の話ですけれど。

それにしても便宜上とはいえ「珍しい少数民族を見に行こうツアー」的な呼称って、本人たちはどう思ってるんですかね。僕だったら「ほっとけや!」って感じですが。
しかも観光産業による資本が投下され、経済的に豊かになった村落をもって「彼らは文明化された」と臆面もなくおっしゃる方々もいたりして。
確かに観光化されることによる数々の恩恵も確実に存在するんでしょう。
しかし以前インドネシア編の時にもチョロっと書きましたけど、それを「文明化」と呼んでしまう自称「文明人」である我々の節度は十分疑問視されるべきです。

そもそも一般的に「観光産業」というのは言ってしまえばつまり「見世物にする」ということで、世界中どこでも有形・無形、人種・動物・植物などあらゆる事象に対して成立していて、それには見せる側・見られる側・見に行く側の様々な思惑・利権が絡んでおり、需要と供給があり、おそらくビジネスの形態としては太古の昔から存在するのだと思います。
なぜなら人間は好奇心の塊であり、そうあることによって人類は進歩してきたのですから。
従ってこれはもう事の善悪を論じる次元ではなく、こうした産業の是非を問うても仕方がありません。
必要なのはお互いに敬意を持って素直にこの環境を享受するというスタンスなのかもしれません。
そう思わなければ自分もこうやって旅行なんてしていないわけですし。

私見ですが旅行というのはわざわざ遠くまで迷子になりに行くようなもので、いろいろな人たちの助けがなくては成立しません。
だからこそ旅先で出会った人々や文化に対する敬意や感謝の念を忘れてはいけません。
ただ時々自分が行っている行為に漠然とした不安や疑問を感じる時はあるのです。
取り越し苦労なことが多いですがこの瞬間が自分にとってとても貴重な感覚でもあります。



そんなこんなで旅行期間もようやく2カ月を迎え、何かと考えてしまったチェンマイでしたが嫁の学校通いも本日でめでたく修了し、明日にはこの土地から離れることになりそうです。なんやかんやで一週間以上の滞在でした。今のところは以前の僕が得意としていた1ヵ所大沈没にはまることもなく順調に移動してきています。
これから先もこのまま順調にいくとはとても思えませんが。
ネパール・インドの大沈没地帯がそろそろ射程に入ってきていますからね。

どこの国に行ってもインドカレーを食べて大喜びしている僕たち夫婦の間では「とっととインド文化圏に行った方がいいんじゃないか」説がまことしやかに囁かれています。

しかしながら次の目的地はカンボジアに。(昨夜決定)
世界遺産アンコール・ワット、これは見といた方がいいですから。
それでは、また。

a0218371_18512033.jpg

サンデーマーケットにて。
色とりどりの激甘お菓子(添加物混入済)を真剣な眼差しで選定するお子様。
真面目な青年に育ってほしい。
a0218371_18513661.jpg

市場にて。
マンゴーシェイクがとても美味しい。
タイの人たちは果物の皮を剥くときに手前ではなく外に向かって刃を滑らせる。
刀削麺との関係について考えさせられる。
a0218371_18523022.jpg

お宿のバルコニーからの眺望。
おそらく新しいゲストハウスか何かを建てているのだろう。
注目すべきは竹製の足場。
これで大丈夫なのかと思うが、以前中国で軽く40階は超えるであろう高層ビルの建築現場でビルを覆い尽くす足場がすべて竹製だった事があるのでこのくらいは平気だろう。
a0218371_1852476.jpg

旧市街の某レストランにて。
これがタイ北部料理の一例。
中央が鶏にニンニクを詰め、丸ごと焼いたガイ・ヤーン。(早い話が焼き鳥)
向かって左は牛筋の煮込みスープ。中央奥は豚の喉肉焼き。
連日肉祭りの様相を呈している。
最近胃が重い。
[PR]
by hiro--11 | 2011-09-06 19:10
バンコク

マレーシアのクアラルンプールから毎度おなじみエア・アジアの格安フライトで約2時間。
ついに今回の旅行の第1中継地点にたどり着いた。

バンコク。

僕が初めて知ったガイコク。
二十歳を少し過ぎたときに初海外・初1人旅行・初バックパーカーで最初に訪れた都。
あの時バンコクは僕に微笑んだ。
あれから14年ちかくの時間が経ち、幾度となくこの都を僕は通過し、僕もこの街も時間の経過とともに様変わりしてきた。
バックパーカーの聖地と言われるカオサンロード。
初めて来たときは貧乏旅行者と野良犬のウロつく小汚い通りだったけれど今では週末はタイの若者で賑わう繁華街になった。
ビビりながら足を踏み入れた旅行代理店、注文の仕方が分からずにうろたえた屋台街、今はスターバックスやお洒落なカフェになっている。

ひと昔前なら日本をアジア方面に向けて出国する貧乏旅行者は安い航空券と新鮮な情報を求めてだいたいバンコクを目指した。
ここはアジアの入り口、アジアの中心だったから。
今は安旅行スタイルも様変わりしネットでの情報収集、格安航空会社の出現などでバックパッカーにとっての存在意義は多少薄れた感がある。
しかしここが東南アジア旅行のゲートウェイであることには変わりがなく、個人旅行者のニーズに答えるほぼ全てがここにはある。
深夜に到着しても安宿がたくさんあり、いつでもおいしい食事にありつける場所、ここ以外にそんな場所を僕は知らない。

バンコク、やはり感慨深い。

今回はマレーシア・イン、インドネシア・シンガポール経由だったため単なる通過地点にすぎないのだけれどやっぱりここに来ると何かが始まった気がする。
心配していた物価の上昇も最後に来た6年前に比べ多少高くはなってはいるものの、そこまで苦しくはないし、マレーシア・インドネシアなどの南アジア諸国と比較するとまだまだ割安感はある。
そしてカオサンロードの魅力は何と言っても人との出会い・再会。
6年前の旅行の時にカオサンの安宿で出会い、ほぼ同じ時期に結婚、ほぼ同じ時期に世界一周を目指し夫婦で日本を出国、彼らは中国から南下、僕らは南アジアから北上、そしてバンコクのカオサンロードで再開。
異国の地で巡り合わせの奇跡を感じる。
そんなことがここでは時々起る、その度にここが好きになっていく。


そんなバンコクで一呼吸おいた僕たちはこれからタイ北部の街チェンマイへ。
東南アジア編が始まった。

a0218371_23241684.jpg

夜のカオサンロード。
約300mくらいの短い通りに隙間なくレストラン、屋台、ゲストハウス、土産物屋、衣料品店など多種多様な店がひしめく。もの凄い人ごみと各店舗から垂れ流しの騒音で深夜まで賑やか。
a0218371_23245431.jpg

近くにはチァオプラヤ川が流れる。
今は雨期で毎日スコールが降るので川が増水しちょっと溢れている。
古来より都市の発展には河川が重要な役割を果たす。ここバンコクも蛇行するチャオプラヤに沿って街が築かれている。川は泥色。
a0218371_23253470.jpg

いきつけの屋台でのごはん。
奥からが空芯菜のオイスター炒めごはん(パップンファイデーン)、タイ風春雨サラダ(ヤムウンセン)、タイ風焼き飯(カオパット)。タイ料理は酸味が決めてだと思う。
[PR]
by hiro--11 | 2011-08-28 23:42
ご飯がイマイチだのなんだかんだ言いながら一か月もインドネシアに居たんだな~。
ゴミが散乱していていたり、タクシーがしつこかったりいろんなことがあったけど、トラワンガンがよかった。
アタシたちが泊まったPOLOS BUNGALOWのオスマン達と話したりしたのがインドネシアの一番の思い出かな~。
ホントに海がきれいで、車が無くて人も親切で素敵な島でした。

インドネシアからシンガポールに夜着いて、とりあえず一泊。
次の日マーライオンくらい見た方がいいような気もしたけど、見ないで次の日にはマレーシアに行くことに。
シンガポール通過しただけでした。

一番始めに来たマラッカにもどってきました。
少しはアタシも旅慣れてきたのか、前回とはまた違う感じでマラッカ満喫してきました。


次の移動に備えてKLに一泊。
KLでお気に入りのカレー屋でマレーシア最後の夕飯をお腹パンパンになるまで食べちゃいました。
次は、やっとバンコクです。
a0218371_2248522.jpg



a0218371_22501970.jpg

最近ネコを見ると撮らずにはいられません☆
[PR]
by hiro--11 | 2011-08-23 23:07
現在ギリ・トラワンガンという所にいます。
やっと見つけた居心地の良い場所という感じです。

ちょっと説明しますと、前回のブログはバリ島からでしたがそのバリ島のお隣にロンボク島という島があり、ここから東の島々(オーストラリア方面)をヌサ・ティンガラ諸島といい、未だ文明化されずに原始的な生活を営む数々の小部族の方々がいたり手つかずの自然丸出しの場所や挙句世界最大の爬虫類コモドドラゴンまでいたりします。

そのヌサ・ティンガラ諸島の入り口であるロンボク島のさらに北西の端っこに離れ小島のような島が3つあり、それぞれギリ・アイル、ギリ・メノ、ギリ・トラワンガンと名付けられています。おそらく日本ではほとんど知られていないはずで地球の歩き方とかにもあまり情報がないんじゃないかと思うんですが、ロンリープラネット(世界で最もメジャーなガイドブック。日本語版も多少あり。)にはちゃんと載ってます。

まあアレですな、よく南の島の楽園とか言うじゃないですか。
ズバリそれ丸出しです。
嫁は住んでもいいと言っています。
海の透明度は俺が今までに訪れた海の中では一番じゃないかな。
マンタとかも近所にいるらしいです。

それにしても欧州の人たちはこういう場所を見つけるのがウマいですね。
そして資本を投下し自分たち好みの場所を作り上げる。
やがて開発が進み観光産業が発達すると有名になりツーリストがドバっと押し寄せる。
こうやってリゾート地というのは出来ていくのだと実感します。もちろん開発に伴い環境保全活動も活発ですが(たとえば海亀の保護など。ここは海亀の産卵地なのです。)俗化というのは我々が思っている以上に進行が速く、この島もあと5年もすればだいぶ様変わりしているんじゃないでしょうか。
まあ自分たちも遊びに来ている分際で身勝手な言い分なのは重々承知なんですが、よりスピーディな開発を望む地元の人たちと話したりするとちょっと複雑な気分になったりもします。でも彼らにしてみれば島には観光産業以外の収入が殆ど存在しないのが実情ですからそう望むのは当然かもしれません。
誰だってより文明的で快適な生活をおくりたいですからね。
しかし我々は何が自分にとって本当により良い暮らし方なのかということは再考してもいい頃かと思います。

そうそう、話は変わりますがこの島には犬がいません。
代わりに猫がたくさんいます。
ウチの嫁は将来的には猫写真家としてデビューしたいらしく(推測)猫の写真ばかりとっています。

それでは今からビーチに行ってきます。
では、また。


と、ここまで書いたんですがギリ島はインターネットアクセスがどうも芳しくなくついにブログを更新できませんでした。。。
本日約10日間のギリ島滞在を終えてバリに帰ってきました。
では、また(笑)

a0218371_23115768.jpg

昼間はこんな感じです。ホントにのんびりとしたいい所。おすすめです。
a0218371_23122324.jpg

こんな夕陽が見られました。サイコーですね。
a0218371_23124521.jpg

毎回恒例のおいしいご飯。ナシチャンプルです。ここのは何をチョイスしてもおいしくて毎日2回通いました。
[PR]
by hiro--11 | 2011-08-14 23:17
バリ島に来ています。

バリ、旅行をしていて一度は来てみたかった場所の一つでした。
ここには様々なものがある気がしていた。イスラム教国インドネシアの中では珍しくバリ・ヒンドゥー(東南アジアによく見られる精霊信仰とインドのヒンドゥー教がミックスされたもの。日本の祖先信仰のルーツの様なものも垣間見られる)を信仰し、金属の打楽器のみで編成されたガムランと呼ばれるオーケストラ、百人規模の男たちのケチャという掛け声のみで表現されるケチャ・ダンスに代表される多種多様な伝統舞踊など。

録音天国です。

バリ島自体はそれほど大きな島ではなく、一日もあれば一周できるくらいの大きさで、僕たちはそのほぼ中央あたりにあるウブドという所に滞在中です。
バリといえば美しい海でゆったりと過ごすというイメージですが、ウブドは内陸なので海はありません。
その代りここはバリの伝統芸能の中心地なので毎日村の何処かの旧王宮で有名な楽団の演奏を聴くことができ、かなり貴重な体験をしています。
来日公演なんて滅多にないし、あってもチケットが高すぎて行けないですから。

昨日はウブドの隣村、プリアカン王宮という所にグヌン・サリ楽団の公演を見に行ってきました。
この楽団は20世紀初頭のバリ・ルネッサンス(伝統芸術復興運動)の旗手となった楽団で、1950年代にバリのガムラン楽団として初めて海外公演をおこなったことでも知られています。

もの凄い演奏でした。もちろん録音。

ちょっと専門的な話になりますけどガムランという音楽形態は通常10人~20人くらいの奏者によって舞踊とともに演奏されますが、西洋音楽などとは異なり転調の概念がありません。
打楽器は一部の楽器を除き調を変えることが出来ないですから当然ですが、そこらへんはインド古典音楽と理論的には少し似ているかもしれません。
従って演奏のクオリティを決定するのはアンサンブルの緻密さに負うところが大です。
例えば同じ4小節でも(バリのガムランは舞踊ありきの演奏なのでだいたい4拍子系のリズムです。これに対しジャワのガムランは歌が入ることがあり、拍子も変拍子系など複雑なものもありました。)、各楽器がそれぞれ異なった譜割(2,3,4,8,16,32符音符など)に基づいてメロディとリズムを進行させていくのでその組み合わせでかなりの数のアンサンブルが組めることになります。

昨日見たグヌン・サリ、どれをとっても一級品でした。
音源、どこかにアップできるといいな。

そんなわけで海ナシ県在住者としてはバリにきても山暮らし、もっぱら音楽鑑賞に日々を費やしているわけです。
ちなみにこのウブド、僕的にはヒッピーが発見した隠れ里的なイメージで来たのですが、現在はかなりというかもの凄く開発が進んでおり、スーパー観光地化しております。
スターバックスもサークルKもあるからね。(現在もスタバでネット中、嫁はエステ。。。)
物価も思っていた以上に高いよ。どんどん目減りしていくお金にちょっと焦っています。
涼しいのはいいんだけれど。

それでは、また。
a0218371_15585562.jpg

a0218371_1645492.jpg

これがガムランの演奏風景。実際は写真に写りきらない奏者があと10人はいる。
いろんな年齢層の奏者で編成されているが、やはりジジイの演奏がスゴイ。実力と経験に裏打ちされたすっとぼけ具合が絶妙。こうありたいモンである。
a0218371_15592768.jpg

バリ古典舞踊の一風景。ラーマーヤナというインド古典文学を題材にした劇なのだが、読んだことない俺達にはストーリーがあまりよく理解できない。しかし演者の手足の動き、特に目の動きと音楽とのシンクロ具合がバッチリで鳥肌モンだった。
a0218371_1559474.jpg

ナシ・チャンプル、インドネシアでの俺達の主食。
ほぼ毎日これだがおかずは日替わりでいろいろ作られるので意外と飽きない。何種類のおかずをチョイスするかにもよるがだいたい一皿100円ほど。

それから音源をブログにアップしたいときってどうすればいいんかね??
誰か知ってたら教えてください。
[PR]
by hiro--11 | 2011-07-31 16:16
インドネシアに来ました

ときどき怖くなるくらい軋むエア・アジアの中型ジェット機(セコハン)は無事にジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港に着陸。
何回も航空機に乗っているハズなのにいまだに怖い。

それにしてもエア・アジアなどに代表されるLCC(ロー・コスト・キャリア)といわれる格安航空会社のおかげで移動がだいぶラクになった。今回はマレーシアのクアラルンプール(KL)からインドネシアのジャカルタまで2時間のフライトだったが運賃は1人5000円弱。この5年くらいで旅の仕方がだいぶ変わったのだと実感する。
かつてはオレ達の様な貧乏旅行者にとって近距離を飛行機移動するなんて正気の沙汰とは思えなかったけれど、今はヘタすると陸路と海路でウダウダやるより空路の方が安くつく。まさにローコストキャリア、バス並み運賃。
でもその分旅情は減っていくんだけれど。
飛行機は瞬間移動に近いから。

ジャカルタには現地時間夜8時着。
初めての国に夜到着するのはなかなか不安なものだけれど、この時間帯のチケットだけ激安だったので俺達に他にチョイスはない。きっとみんなそう思ってるんだろうな。

ちなみにインドネシアという国に俺達日本人が入国するにはビザ(査証)というものが要る。まあ入国許可証のようなものでこれを事前に何処かヨソの国のインドネシア大使館で取得しておかないと空港のイミグレーション(入国審査)でオフィサーに笑顔で門前払いを喰らわされるハメになる。
結局、個人旅行にとってこのビザ取得が一番メンドクサイ。申請時のやり取りも申請書類も全部英語だし、発給条件も非常に流動的で申請する場所・時期・係官のサジ加減(ホントにこういうのはナシにして欲しい、でも事実)などでだいぶ変わってくる。
でもダイジョウブ、英語が出来なくてビザが取れなかった奴には今まで会ったことがないし、分からなかったら誰かが教えてくれる。

もういちど言っとこ。
ビザの申請は非常にメンドクサイ、こんな制度はこの世から消えてなくなればいい。
だいたい国家という名の非常に幻想的な集合意識同士が勝手に策定した国境にいったい何の意味があるのかと疑問に思う。

そのビザ、有難いことにインドネシアの場合空港で到着時に取得できる。(30日滞在可。US$25が必要、他の通貨は不可。ただし帰国または第三国に出国する航空券を所持していることが条件)
もちろん俺達もシンガポール行きのエア・アジアのチケットを事前にWEBで予約。
さっそくビザ代を払いウンザリするほどの長蛇の列に・・・、全然進まない。

30~40分ほど並びようやく俺達の番がやってくる。が、実はちょっと不安だった。
もし入国審査官に出国用のチケット提示を求められたとしてもWEB予約のE-チケットはファイルとしてPCの中にあり提示できないからだ。その場でPCを開かない限り出国の証明ができない。

そして不安はだいたいにおいて現実になるもんだ。
案の定俺達に航空券の提示を求めるミスター入国管理官(いやな奴の人相)。
しばらくのすったもんだの挙句、とりあえず「俺達は確実にチケットを持っている(データだけど)。お前はそんなに紙切れが必要なのか。」と意気込んでみると意外とあっさりOKがでる。

入国成功。

というわけでこれからしばらくインドネシア滞在です。
実は現在はもうジャカルタを後にし、ジャワ島最後の王朝の首都だったジョグジャカルタという場所にいます。ここはジャワ芸術の中心地であり、世界遺産ボロブドゥール(昨日見てきた)、ヒンドゥー遺跡プランバナンなど結構見どころも多い。
今日はインドネシアの伝統音楽ガムランのライブ録音もしてきました。
a0218371_19143868.jpg

これはマラウィフード。ジャワ島の伝統的な飯らしい。ようはぶっかけ飯。
a0218371_1915542.jpg

世界遺産ボロブドゥール。ピラミッドの一種。頂上には無数の宇宙船が・・・。謎の遺跡。
a0218371_19161445.jpg

プランバナン。ジョグジャカルタ近郊のヒンドゥー遺跡。結構よかった。
[PR]
by hiro--11 | 2011-07-28 19:21